SUZUKI NATSUKI Official Blog

 ⇒スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

NEW WINDOW | スポンサー広告
△UP | DOWN▽

 ⇒wait for you

こんばんわ。
なぜかこんな時間に目が覚めてしまった
鈴木夏生です☆

なんとなくインターネットやってて
なんか気になる曲あったんだよな~って思いながら
検索してました。

Elliott YaminのWait For Youって曲でした。

俺がかなり好きなアーティスト
Ne-YoとCraig Davidの中間のような…
すげーいい曲です(俺的に)


聴いた瞬間にこれだって思ってそっこー目がさめちゃいました♪


こういう曲に出会えるのはシンガーとして
すごくわくわくする瞬間です。

普段のあんまりテンション変わらない俺しか知らない人は
あまり想像しづらいかと思いますが
ホントにテンションがあがります。


ただ最近思うことは
英語の曲って難しいですよね。

ただ単純に英語の発音が、とか
R&Bのノリが、とかではなくて。

俺はバラードとかを主によく歌うシンガーなんですが
それはシンガーとして特に感情を表現したいと思ってて
バラードはそれに適している場合が多いからです。


日本語の曲の場合普段使っている言葉だから
自然に感情をこめることができる。

「君を待ってる」
って一言だけでもいろんな言い方があるし、
その表現の仕方で
そのシンガーのアーティスト性がでてくると
思っている(俺は)

でも英語ってそうじゃないから難しい。
普段使わない言葉だから
自然に感情はこめられない。
そのアーティストの歌い方のコピーはできてもそれ以上に
自分の色を出すのが難しい。

まぁ当然声が違うので
同じように歌っても違うものが出来上がってきますけど…

ホントに英語で気持ちを表現できるようになるには
英語がしゃべれるだけじゃなくて
もっと…
なんていうかコミュニケーションを
いっぱいとらなくちゃいけないんだろうなって思う。

歌って日常にある感情を歌ったものが多いと思うし
だから人の心に響くのだと思う。

だからそれを表現するには
やっぱりその言葉で恋愛したり
生活する必要があるのだと思う。
じゃないとホントの意味で自分の歌にはなりえないと思うので。

まぁこうやってうだうだ考えてても
結構英語の曲で歌いたいものも多いから悩むよね。


じゃあ海外に行けばいいじゃんって話ですよね。

一時期はワーキングホリデー使って
英語少し勉強しに行こうか迷ってたさ。

でも今は日本語の曲で表現したものや
自分のオリジナルの曲を表現するのが楽しいので
そんなに考えてないですが。

やりたいことは日本にまだまだたくさんあるのですよ♪


なんかとりとめのない文章になったな。
後半、…って思うとか思ったこと書いてただけだしw

そして無駄に長いw
今日はこの辺にしとくか!


ここまで読んでくれたお暇な方々ありがとうですw
スポンサーサイト

NEW WINDOW | だらだら | COMMENT:4 | TRACKBACK:0
△UP | DOWN▽
<<☆6月17日詳細☆ | 鈴木夏生 Official Blog | ☆本日の路上について☆>>

この記事のコメント

やっぱ違うわな~v-12

そんなことまで考えて歌える夏生がスバラシイv-81
2008-06-09 Mon 20:27 | URL | タカシ #-[ 内容変更] | top↑
出会った頃に、夏生がこんなに音楽に目覚めるとは思ってなかったv-10

すばらしい歌声生かして、名古屋でライブやっちゃって下さいv-91
2008-06-10 Tue 12:25 | URL | yuka #-[ 内容変更] | top↑
>タカシ
いやいや、
自分の中で消化できないと
歌えないだけだよ☆
不器用なんですw
2008-06-12 Thu 01:08 | URL | 夏生 #-[ 内容変更] | top↑
>ユカ
それは俺も思ってなかったよw

今後はマジで名古屋でも
ライブやりたいんで
やるときは是非見に来てください♪♪
2008-06-12 Thu 01:11 | URL | 夏生 #-[ 内容変更] | top↑
△UP | DOWN▽
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

△UP | DOWN▽
| 鈴木夏生 Official Blog |
▼ SA・KU・RA LOVE SONG


▼ more than thousand


▼ Regret ~never again~


▼ Secret Lover

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。